消化器内科

  • HOME
  • 消化器内科

消化器内科について

消化器内科は、口から肛門までの消化器領域である、食道、胃、大腸、肝臓、胆のう、膵臓などの疾患を検査・治療する診療科目です。
体調が悪いため内科を受診すると、実は消化器領域の病気であったということもあります。

当院では、内視鏡による胃カメラ検査・大腸カメラ検査、超音波検査(エコー検査)などにより、これらの病気の早期発見・早期治療に努めます。

下記のような症状はありませんか?
  • 胃痛
  • 腹痛
  • 下痢や便秘
  • 胃もたれ
  • 血便・黒い便が出る
  • 胸やけ
  • 体重減少
  • 食欲不振
  • 吐き気
  • 食べた際に喉がしみる

など

主な検査

胃カメラ検査(上部消化管内視鏡検査)

胃カメラ検査(上部消化管内視鏡検査)とは、口または鼻から内視鏡(スコープ)を挿入し、食道や胃などの消化器の状態を直接観察する検査です。胃カメラ検査では、急性・慢性胃炎や胃潰瘍、ピロリ菌の感染、十二指腸潰瘍、逆流性食道炎などの疾患の発見や、胃がん・食道がんの早期発見・早期治療に有効です。

詳しくは「胃カメラ検査」ページをご覧ください。

胃カメラ検査について

大腸カメラ検査(大腸内視鏡検査)

大腸カメラ検査(大腸内視鏡検査)とは、大腸内視鏡(スコープ)を肛門から大腸内に挿入し、直接観察する検査です。この検査により、大腸がん、大腸ポリープなどを発見することができます。また、大腸ポリープが発見された場合は、検査の際に切除も可能です。

詳しくは「大腸カメラ検査」ページをご覧ください。

大腸カメラ検査について


総合内科専門医・消化器病専門医として幅広い内科疾患に対応しています。病気のこと、気になる症状がございましたら、お気軽にご相談ください。