院長紹介

ごあいさつ

当院のホームページをご覧頂き、誠にありがとうございます。
大浦内科クリニック院長の大浦 元(おおうら げん)です。当院では内科疾患全般の診断・治療を行うとともに、専門領域でもある消化器疾患をはじめ、糖尿病をはじめとする生活習慣病の診断、治療も行っております。また、消化器疾患の病気の早期発見・早期治療のためにも、内視鏡検査(胃・大腸)にも対応しております。「内視鏡検査は、大きな病院に行かなければ受けられない」と思われている方も多いかと思いますが、当院では患者様の生活圏内で気軽に検査が受けられる環境を整えて、地域の皆様の健康に貢献したいと考えております。患者様に信頼されるクリニック、安心な医療を提供できるクリニックを目指し、地域に密着した医療を提供していきたいと考えております。気になる症状がございましたら、お気軽にご相談ください。

経歴

平成 9年 奈良県立医科大学 医学部医学科 卒業
     奈良県立医科大学 第三内科 入局
平成10年 国保中央病院 内科
平成11年 奈良県立五條病院 内科
平成17年 ベルランド総合病院 消化器内科
平成20年 新金岡豊川総合病院 内科
平成22年 服部記念病院 内科
平成26年 大浦内科クリニック 開院

資格

日本内科学会認定内科医
日本内科学会認定 総合内科専門医
日本消化器病学会認定 消化器病専門医

所属学会

日本内科学会
日本消化器病学会
日本消化器内視鏡学会
日本肝臓学会
日本糖尿病学会


総合内科専門医・消化器病専門医として幅広い内科疾患に対応しています。病気のこと、気になる症状がございましたら、お気軽にご相談ください。